エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
奥木曽湖カヤックツアー その2
カヤック当日、『正沢親水公園』というのをナビに入れるがどうやっても検索ヒットしない。同様に『奥木曽湖』も。
我が家のナビソフトはもうかれこれ9年位になるんで古いせいかと思いきや、もう一台のバリバリ新品ナビも同じ。
取り敢えずは、フジケンさんが教えてくれた味噌川ダム管理事務所の電話番号を入力。
管理事務所で待ち合わせ場所を聞く。何と管理事務所には
『熊出没!注意!』のポスターが…💦

はるなつパパ&ママと合流!
初めて経験した四尾連湖とは違いすぎる!
広い!怖いほど広い!

フジケンさん案内で奥木曽湖(味噌川ダム湖)ツアーの始まり、始まり。

奥木曽湖カヤックツアー動画

パノラマ写真が絵になります!

ふじけんさん奥様味付けのお昼が振舞われます。
冷え切った体には嬉しかった!
疲れが心地いい奥木曽の一日でした。
【2016/10/17 20:42】 | 旅行記 | コメント(0)
奥木曽湖カヤックツアー その1
夏に経験したカヤック。
次回は是非紅葉の楽しめる奥木曽湖で!というひといき荘フジケンさんの勧めで今回は奥木曽に。
          談合坂にて
一泊のミニミニ旅行。本日の宿は伊那の愛和ホテル。中央道、伊那のインターチェンジから3キロほどのところ。
目指す宿はダチョウ牧場のお隣。威張ってるワンコの尻尾のように羽根をブファーと広げてこちらを威嚇してる。

                    
同行ケアンテリア二匹はやはり血が騒ぐようで吠えまくり。ボーダー三匹は腰が引けながらも気になる様子。
チェックイン前に到着したので付近を散策。
手頃な公園見っけ。すり鉢状の芝生の公園。殆ど人も居ない。うちらの専用ドッグランと化した。

                    
向こうに見えるはアルプス?かしらん。
ワンコまみれ、私だけを見つめてくれるというその幸せ。何時も思う、最高!って。

               

ローラママの滑り台のお付き合いだ、ねる。
まるでシンゴジラに、追いかけられてるかのような様子!
ねる、ムリクリ滑り台。

恐怖の滑り台



お疲れさん、ねる。

私もいい子いい子して下さい(by ローラ)
ワンズをお留守番させ近くのスナックでの夕食後、夜はまったり寛ぎました。

                 

ディーナは弄られ役。本日もあのすり鉢公園で正体不明のンチを食した為、皆にいじかめられていたのでした。(いじかめる、という新語はローラママ発です。)

そんな事をしてはいけない!とねるがローラママをたしなめている図。
さぁて、明日は本番カヤック!
おやすみなさーい!
To be cont'd…
【2016/10/17 10:30】 | 旅行記 | コメント(0)
そうだ、京都へ行こう! その二
朝はホテルでの朝粥の定食。
いいお値段ではあっだけれど美味しく頂きました。

本日は今回の目的である『細見美術館 館長の解説で巡る伊藤若冲展』へ。
友人は相変わらずバス路線マップと睨めっこ。京都のバス路線はややこしい。一日500円乗り放題のバスチケットを有効に使うには…
Googlemapでここまで出る事にもビックリ!

今日も陽射しがキツイ。 日向に出る時にはかなりの覚悟で出る。全ての荷物を背負って「さぁて行くぞ!」
平安神宮近くにある細見美術館。 小さな美術館でこれだけの若冲の作品をかなりの数所蔵しているのは凄い事。
細見良行館長(今知りました、オーナー館長さんなのかしらん…)のお話は分かりやすく本当に面白かった。説明を頭に入れながら絵を見るとまた違った見方が出来ます。オスメスが描かれている絵。今度見てみてください。メスはオスを見つめていますがオスは殆ど視線を合わせていない…そんな絵が多い事に気付きます。
☆30cmの遠近法
☆若冲の絵の異常なまでの細かさ
☆彼だけの顔料? 明?からの顔料?
☆女性が好きではなかった?
他、沢山のエピソードを交えながら館内を回り、最後はカフェで1億5000万画素のカメラで撮ったという画像を拡大しながらの説明も。
日本茶と和菓子を頂きながら楽しく聞きました。

最後には質問コーナーもありで、至れり尽くせり。

最後の質問者、緑の人と言われた友人f^_^;
満足満足のイベント後、平安神宮をチラ見して河原町方面へ。平安神宮へ行くまでの間、下がコンクリートなので照り返しが酷い。
次は、若冲の生家があったという錦市場へ向かいました。

観光客が食べながら楽しそうに歩いています。

若冲まみれ!

手には水ナスやら山椒ちりめんやらお香やら…沢山のお土産。

鱧って長いのね。鰻みたいに。
二日目は瞬く間に過ぎ去り5時半前の新幹線に乗り東京へ向かいました。
たったの一泊でしたが中身の濃い2日間でした。京都は思いの外近い。犬仲間で日帰りで京都へよく行く人が居るのですが今回、それも可能なのだと実感しました。
折角交通費使うのだからもう少し居たい…でもそういう思いはやっぱり旅をどんどん遠ざけてしまいそう、今の私には。
小トリップいいね(^_−)−☆
【2016/07/24 12:24】 | 旅行記 | コメント(0)
そうだ、京都へ行こう! その一
空前の若冲ブーム、そんな伊藤若冲が京都へ向かうきっかけとなりました。『行っちゃえ、京都!』そんなノリだった今回の旅行。 35年振り位の京都でした。何時ものように弾丸一泊旅行です。 出発当日は友人がプランした大徳寺へ向かいました。観光客もまばらなこの大徳寺。 一休和尚が再興し、千利休が秀吉の怒りに触れ切腹したりと色んなエピソードがあるらしい。その中で一般公開されていた石庭の美しい龍源院。 

暑かったけれどその暑さも不思議な事にここでは気になりませんでした。その後、大徳寺内、泉仙での懐石料理。  メチャクチャのビール日和なのになーんとなくアルコールはNGかもという雰囲気…なにせお寺の中の食事処。勇気を出して?遠慮がちにビールがあるのか聞いてみたところ瓶ビールがあったので思わず注文。 多分…というか、絶対にそれを見ていた(聞いていた)隣の白人男性、当初は緊張した様子で正座していたのですが私がビールを注文した後直ぐに同じようにビールを注文してました。 確信してます! 私がビールを頼んだからホッとしてビールを頼んだに違いない。彼も私と同じように、アルコールがあるのかどうか、と考えていたはず!(思い込み激しいかも、私)飲みたいけれどどうしよう…って。その後、彼は足を崩してました(^_−)−☆満足満足!その後、大徳寺内にある聚光院へ。千利休の菩提寺である聚光院は創建450年という事で狩野永徳の襖絵が現在一般公開されています。予約限定公開。こちらは内部の撮影はNG。 お寺さんには何故か蓮の花が似合います。その後、今宮神社へ。玉の輿神社…うちらには関係なかったかも(^^;;秋の紅葉は素敵そう。 ホテルにチェックイン後、友人が厳選した河原町三条のレストランへ。久々の超超、大満足の食事。 サービス良し!値段もリーズナブル!もち味良し! 私的には10点満点何年か振りで点けたレストランでした。        アラカルトで頼んだ私達。 一人前ずつ何点か頼んだのですが全て二等分して綺麗に盛ってくれました。お皿を貰って自分でシェア、に慣れていた私にとってはかなりの感激です。 本当に嬉しい気遣いでした。 次回、京都に行ったらまた行きます!(キッパリ!)その後、🎶富士の高嶺に降る雪も  京都先斗町に降る雪も  雪に変わりは無いじゃなし  溶けて流れりゃ皆同じ🎶ツッチャ  ツチャカチャッチャ  ~~という歌しか知らなかった先斗町。(古っ!)歩いてみました。凄い、凄い!ここは何処?という感じ。 外国人の子供も沢山!  新宿ゴールデン街を明るくした感じ。そう言えば火事があったよね~世も更け、ふくらはぎ、パンパンになりながらも明日のメインイベントに備え、バスに乗りホテルに戻った二人なのでした。有名な鴨川納涼川床。 ズラ~~っと並んでました。to be con'd…
【2016/07/23 20:45】 | 旅行記 | コメント(0)
ロンドン、ローマ、フィレンツェのボダコグッズ
東南アジアであろうとアメリカであろうと何処であろうととにかくペットショップを覗いてみたい私。
そこにボダコグッズがあろうものなら即お買い上げの私・・・

今回は行き先がイギリスという事でかなりリキが入ったけれど、結局、ロンドンではこの3点。
           
ペットショップはハロッズ内のものしか見ることが出来ず、他では見つけられなかった。 NYのPETCOのような面白さは無かった、残念ながら。

旦那お気に入りのハロッズのおもちゃ売り場では定番のぬいぐるみ。
山のように持っているぬいぐるみだけれど、別バージョンだとやっぱり購入しなければならないような気がしてくる。
でも、ハロッズは高いね、やっぱり。
                RIMG1806blog.jpg
                持っているものとの違いはリードがついているっていうところ。
                旦那には全然似て無いじゃん!と言われた(^_^;)

旦那の骨董品探しのお付き合いでノッティングヒルへ。 いいね、雰囲気あって。
( 『She』エルビス・コステロ、思わず口ずさんじゃうような町・・・単純!)

そこの店先の傘たてに立っていたのがこの杖。
            RIMG1894blog.jpg
            誰かが使っていたに違いない。 杖の先はかなり傷ついてた。
            お顔もちょい強面。

でも、こんなものを見つけるとは思わなかったのでちょい幸せな気分に。
ただ、道を歩くのがちょい大変だった。(想像してみて)
日本にどうやって持って帰るか随分迷ったのだけど、ホテルに入っている大工さんに頼んでトランクに入るサイズにカットして貰った。斜めに入れると丁度傷部分をカットするような形になったんだ。

いずれ私がおばあちゃまになって杖を使うような事になったら使うつもり(#^.^#)

古道具屋(アンティークショップっていうより)で見つけた杖は私的にはかなりのヒットではあったけれど、まだまだ物足りない。 イギリスに来たんだもの、もっと他にありそうなのに。

そんな思いを持ちながら、旦那の仕事日、一人でサウスケンジントン駅周辺をウロウロ。
カード屋というか雑貨屋が何となく怪しい・・・っていうか何か見つかりそうな予感がして入店。

カードを物色するけれど、思うようなものは無い。

「何か無いかな、何か無いかな?」
と店の奥に進む。 そこのファイルブックにある絵に目についた。
そのファイルブックのページをパラパラとめくってみると次のページにこの絵があった。
           RIMG1411blog.jpg

感激!! 私を呼んで居たに違いない!!

オリジナルでは無い印刷されたものだけれど、綺麗な絵。 額装すれば生えそう。
この巡り合いにはかなり感激した私。

ロンドン、購入ボダコグッズの締めがこの絵。 ハッピーでした!(^^)!



ローマでの購入はテルミニ駅構内にあったショップにあったぬいぐるみ。
またまたぬいぐるみ・・・
ボダコ特有のハーディングポーズを漫画チックな顔しているくせにいっちょ前にしているのが妙に可愛くてね。
               RIMG1409blog.jpg
               
東京駅の構内のお店にボダコのぬいぐるみが売っていた、と考えてみて。 普通そんなのってあり得ないでしょ。
そんな感じでローマのターミナル駅構内のショップにボダコのぬいぐるみが置いてあったのだから。
そんな風に考えるととっても不思議な気がした。
これがトイプーやダックス、ジャックラッセルテリアだったら分かるような気がするんだけれど。

残念ながら、イタリアで購入したグッズは上記のぬいぐるみのみ。

実は・・・10ユーロをけちって購入しなかったオリジナルの絵がある。
ローマ、ポルタポルテーゼの有名な泥棒市
               RIMG2076blog.jpg

今でも自分の頭を叩いてしまう。 
馬鹿馬鹿馬鹿! 何故買わなかったのか・・・」 時として優柔不断な私 (/_;)
何度も言うけれど、心底これは後悔している。

またスペイン広場の土産屋にあった妙に気になるボダコのぬいぐるみ(またまた人形)。
           RIMG2034blog.jpg

真ん中あたりにいる子。 口周りが妙にリアルで気に入ったのだけれどこれがなんと250ユーロ。 店のおばさん、これは年代ものなんで安くはならない(とか何とか言ってた)とがんとして負けてはくれなかった。
250ユーロな無いよね、ってことで店を出たものの、気になって写真だけは撮ってきた。
(これに関しては後悔は全く無いけれど)

どうって事の無い、何屋だか分からない店先のディスプレイでもこんなもん見つけた。 売れるのかしらん?って中にもボダコがいた!(さすがにこれは購入しなかった(#^.^#))
                RIMG1993blog.jpg

自分でもちょい呆れるくらいに探すのはそんなものばかり。

そんな私を見て、買い物好きの旦那は私にこんな事を言っていた。
「せっかくイタリアくんだりまで来て、ショッピングをしないなんて」って。
(要するに洋服とかバッグ、靴等の大物購入って事らしい。)
そりゃぁ、そうでしょ! 旦那は趣味のアンティーク銀食器なんかドーンと購入しちゃってるから。

私にとってはこんなものを発見して購入するのが楽しくってしょうがないのだけどね。
そんな私の買い物はゴミみたいなものなのかも(^^ゞ

旅先での買い物は本当に楽しい。
購入してきたもの一つ一つに思い出があるから。

購入してきた4つのボダコグッズ全てが私のお買い上げを待っていてくれたはず・・・だよね(*^^)v

           RIMG2270blog.jpg
          かぁたん、アタチのおみやはたったのこれだけですか?
          それも、一つはウェイとローズの『んち袋』だなんて・・・





            


           
【2013/05/23 15:01】 | 旅行記 | コメント(2)
| ホーム | 次ページ
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索