エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
ガキの使いやあらへんで・・・
我が家は2~3年前から、大晦日というとこの番組。
本当にめちゃくだらないし、PTAからはクレームも出そうなこの番組。
でも何故か、見ちゃうのです。昨年までのはDVDまで持ってる~(m~ー~)m

今もこの番組、後ろでとうたんと兄ちゃんが馬鹿笑いしながら見てます。

                 大晦日の秋谷浜

今日の強風、すざましかった。 浜で散歩なんかしているのはうちらだけ。 私も吹き飛ばされそうでフラフラ・・・
                       大晦日の秋谷浜2

波にもみくちゃになってるサーファーもいたりで・・・

家に帰ってお化粧しようとしたら顔中、砂だらけ・・・すごかった、本当に今日の風は。

今日は今年、そして明日は来年。
たった1日の違いなのにね。 いっつもこれって面白いなぁ、って思うんだけど。

明日からは、来年からは、今年よりも、もっともっと素敵な年でありますように。
 
皆さんにとっても素敵なよき年でありますように!!!
謹賀新年
【2009/12/31 19:41】 | 独り言 | コメント(4)
年末のお仕事・・・
                  餅つき1


なぜ、こーんな寒い時に大掃除をしなけりゃならないんだろ?

             ↓

あったかい時にすればいい・・・春にでも。

             ↓

ってことで毎年毎年、同じ事を心の中でつぶやき、いっつもいい加減なままに新しい年を迎えてます。

昨日から秋谷。 今日は餅つき。 何だかまだまだ情緒あり。 この杵と臼は200年も使用してるとか!!
まずは杵と臼のお手入れから始めなければならないらしい。(かんなで削ってあげるとか)
                        お供え餅作り

さとうのお供え餅じゃない。 自作のお供え餅。
こんなお餅を作ってる子達は絶対にいい子に育つに違いない。
(ちなみに我が家、すでにさとうのお供え餅飾っちゃってました。 あのプラスティックに入ったもの)

ねるもお付き合い。        餅つきのねる

ここで振舞われたお雑煮は九州仕様。 あごの出汁に具はぶり、鶏、白菜、しいたけ・・・塩・醤油ベース。白菜が入るのは珍しい、よね。 お出汁がとっても美味しかった。 

ちなみに我が家のお雑煮はかつおだしの醤油ベース。 具は鶏、大根、小松菜、かまぼこまたは生麩、里芋、三つ葉にゆずは必需品。 長野と新潟の融合雑煮です。 お宅は?
本当にお雑煮は地方地方で違うんで興味深い。

旦那は無類の雑煮好き。 今日もまだ頼んでいる餅が届かないというのに雑煮が食べたいとかで、玄関に飾ったサトウのお飾り餅を失敬して作ります。 んん・・・もうっ!! 本当に我慢が出来ない男なのです(;´ρ`)
明日、お飾りまたまた購入しなくっちゃ。
続きを読む
【2009/12/30 18:33】 | 独り言 | コメント(6)
進化してきたぞぉ!!
ニャンだったらよーくこういうのやってるよね。
ワンだってこんなのお得意な子、いくらでもいるかも。
だって冷蔵庫からビール持ってきてくれる子もいるらしいから。
                  
                    [高画質で再生]

手動ドア

[広告] VPS

居間のドアのをあけるとそこはすぐに玄関(^▽^;)
その玄関ドアノブも同じ形状。 或る時同じようにトライしてたねる。
いつ覚えたんだろ・・・???

鍵がかかっていなかったら開けちゃうかも・・・

「ピンポーン!!」
「はーいっ!」
って言ってねるがドア開けたらびっくりしちゃうね、みんな(*'ー'*)

そして、今日はイブ。 楽しい1日でありますように。

       Merry Christmas & A Happy New Year!!
                  2010クリスマス
                          2010クリスマスリース

【2009/12/24 09:29】 | ねる | コメント(10)
出会うべくして会った人???
どちらかというと私は机上でグズグズ考えていることが出来ずに行動しちゃうタイプ。
勿論、自分の興味のある事だけだけれど。

だから、それが許さぬ状況ってのは結構辛いものがあったりして。

トムママのブログで「手作り酵素」なるものを目にして、そこから色々追って行って・・・もう、これは作るっきゃなーい、とメラメラ燃えた私。何が私にとって、私の家族にとって、ねるにとっていいのか分からない。 人にもよーくは説明できない。
でも、何だか良さそう・・・そんな思いから。

フツーの冷静な人だったら、「酵素とは何ぞや?」から始まって、じーっくりお勉強をするに違いない。
でもね、私は「取りあえずは作ってみよう!!もう秋の酵素の締め切りはすぐそこ!!」
本当は講習を受けた方がいいって書いてあったんだ、実のところ。 でも講習会は全て自宅からは遠いところ。
とにかく自己流でも何でもやってみよう!!


「秋の酵素」作りに必要な秋に実る野菜・穀物をゲットするところから始める。 特殊なものはネットで購入。 野菜・果物は地元のものを、ということであちらこちらと探し回る。
秋谷でも何点か揃え、東京へ帰ってからも関東で取れたものを探しまくる。
こういう買い物も結構楽しい。 でも、なかなか分量を揃えるのは難しい。 種類が多ければ多いほうがいいんだそうな。
                   色々揃えた秋の野菜・穀物
 
とにかく9キロ弱そろえなければならない。 結局、関東ってところを外れた長野のりんごを入れちゃった。 両親が育った長野。 私も一時お世話になった長野の親戚が送ってきたりんご、ありかな?って事で(*'ー'*)

とにかく1~2センチ角に全てをカット。 笑っちゃうんだ。 主婦業うん十年の私だけれど、右人差し指付け根に水ぶくれ出来ちゃった。 それほどの量だった。

そんな私、作ったものの、不安は残ってた。 毎日、マゼマゼしながら、「これでいいのかなぁ?」って思い続けてた。



そんな私が、今日、偶然にもその道に精通するマクロビの先生に会ったんだ。

今、私は週に1回、NIAというダンスに通ってる。
                     
NIAとは何ぞや・・・まぁ、それはおいておくとして、その場でその先生に会う。
でもね、最初の自己紹介からそんな話はしない。 ダンスの前は名前を交わすだけ。

ダンスの後、たまたま話をしたところから彼女が何冊も本を出している人だって事を知った。

あまりにもタイムリーなんでもう興奮と共に感激しちゃった私。

「春の酵素」作りの時には是非是非、講習を彼女から受けよう、って思ってる。 自宅から歩いて10分ほどのところにあるんだ、彼女のクラス。 まず、その前に「酵素とは何ぞや?」からのお勉強をうけなくっちゃね。

そう、これこそ会うべくして会った運命的な出会い。 心から思いました。 そして、もしかしたら酵素、って本当に私や私の家族に必要なもので、私が歩み寄っただけでは無く、酵素の方からも私に近づいてきてくれたのかも、って心から思った。

    「いい酵素になってね」って毎日毎日野菜に言い聞かせながら混ぜていますo(*^▽^*)o  
                                  こんな感じに漬け込みます

                   

                      
【2009/12/22 18:25】 | 手作り色々DIY | コメント(14)
二つの新しい出会い
一つ目

秋谷のスノウ(ボーダーコリー♀15歳)とこのニューフェース、もみじちゃん(にゃん♀2ヶ月くらい)とのご対面。
                 もみじ
 写真では大きく見えるけれど、まだ1㌔ありません。

私が無理やり拉致ってねるの前に連れ出したら、「シャーッ!!!」っとかいっちょ前に言って大暴れして逃げ出しました(;´ρ`)

ねるは、出会いという出会いにもならず、ただ呆然。 私は手から流血・・・もっとスマートな出会いになるはずだったのにぃ(/_;)

これも私のデリカシーの無さが引き起こした事。 もみじちゃんにしてみれば、よその犬やよその人にいきなり出会わされて死ぬほど怖かったのかもしれないね。 ごめんよぉ、もみじちゃん。

二つ目

                  そうと君と1
            
同じく2ヶ月目にやっとならんとするこちらは人間の男の子、そうと君。
                     そうと君と1
Y公園で初対面のワンと接する時よりも緊張が無かった私。

こんな時のねるは最高!!
続きを読む
【2009/12/14 13:41】 | ねる | コメント(8)
お茶も好き好き・・・台湾烏龍茶
昨年暮れ、女4人で香港に訪れた際、ガイドから紹介された薔薇茶というのが結構気に入って、毎日のように飲んでた私。 その薔薇茶が切れた後はネットで検索。 壷中天というお店から、似たようなものを取り寄せてた。

後で知ったこと、その店、鎌倉のお気に入りの鶏肉屋、鳥一の近くにある。
送料払って購入して馬鹿みたい!!なんて思ってた。

そんな店で旦那がどういう訳か私が今回台湾に行く前に烏龍茶を購入。 50g1500円。
結構いい値段だよね。

色々能書き聞かされたらしい。 とにかく高山烏龍茶ってことだけど。

台湾でお茶を購入する時はくれぐれもだまされないように、と念押しされたそうな。 台湾産で無いものを購入させられたりすることもあるそう。

そんなことも頭にあり、本場で購入した割には ちょい高めのお茶を買って来た。 それもガイドが案内してくれた店でね(このガイドが案内する店、ってのは高めなんだよね・・・悔しいけれど) 150g4500円弱
それも旦那に馬鹿にされないためにって気負いもあって(--;)

何とか山(有名な阿利山ではない)で年に1回しか取れない、無農薬茶だって。 通常は年に2回収穫出来るらしい。
                台湾土産烏龍茶
どんなお茶でも言える事、農薬だけは避けたい。

壷中天の烏龍茶もそうだったけれど、今まで購入していた烏龍茶の葉のイメージとは全く違うの。
茶葉が緑に近い色。 それまで訳の分からないところで購入していた茶色の茶葉とは大違い。 
お茶もほのかに緑がかってる。
            高山烏龍茶茶葉
                    お湯を入れると
                      高山烏龍茶茶葉2

4~5回、同じ茶葉で飲めるんだけど飲み終わったらこんな感じに葉がなるの。
                 入れ終えた後の烏龍茶茶葉
緑色の葉に戻るって感じ。

味もとってもまろやかで美味しい。 
本当に私の烏龍茶の認識が180度違っちゃった。

ペットボトルに入った紅茶のような茶色い烏龍茶・・・あれってもう飲めないかも。
(後日S社の烏龍茶のCMよくよく見たら、黒烏龍茶って言ってた。 フーンと思ったわ、私)


続きを読む
【2009/12/14 12:34】 | 独り言 | コメント(2)
おとうさんは疲れてます
                   おとうさんsoft

                      おとうさん2soft
                          哀愁漂う?後姿

って、このおとうさんの事ではありません。

昨日の真夜中の出来事。隣の布団に眠る旦那が「疲れた、疲れた」と言っています。
あまりにもはっきりと言っているんで、目が覚めているのかと思ったほど。

ところが朝、確認すると本人、全く覚えていません。 
寝言でした。

確かにこの何年かは本当にハードな旦那です。 この1週間はずっと帰宅が遅い生活が続いています。 と言っても忘年会だ、なんだで飲んでる訳では無いのです。 どちらかというと飲むのはさほど得意では無い旦那。

私と言えば、昨日はお友達とうなぎなんか食べに行っちゃったりして・・・σ(^_^;)
旦那が宮崎出張中に、女二人で台湾には行っちゃうし・・・

寝言にまで「疲れた」と言う旦那、反省と共に何だか気の毒になってしまった私でした。 

                 でかいおとうさんとねる
       10ヶ月無料通話よりでかいとうさんを選んだ友人宅にて。
続きを読む
【2009/12/10 21:31】 | 独り言 | コメント(2)
朝もやの中で
紅葉もそろそろピークを過ぎる。
たまにはデジイチ持って、とリュック背負って公園へ。

やっぱり宝の持ち腐れ・・・でも三脚持っていっちょ前の格好してたせいか、カメラ小僧(おじさん)から
「このアングルいいですよ!」
なんてアドバイス受けたりで、分かったような顔したものの、実は全く分からなかった私でした(^▽^;)

            朝もやの中
            確か元日(去年?)にもこんな光景があったような

                   朝もやの中の3匹
ピンが合ってればねぇ、いい写真なんだけど。

                       セルフで
                       セルフタイマー使ってみた。私が大声で駆けて来るものだからねるもビックリ(*^-^)

                 カメラ小僧が教えてくれた
     カメラ小僧ならぬおじさんが教えてくれたんだけど・・・紅葉がいま一?




一頭飼いでもデジイチ持ち歩くの大変なのに、ボー仲間のyub○さん、ク○ママ、クラ○ママ・・・(あっ・・・みーんなボーダー三頭飼いだぁ!)いっつもデジイチ持って遠出してる。

恐ろしや、ボーダー飼いのウーマンパワー!! でも、元気出るよ。私も見習わなくっちゃぁo(*^▽^*)o 

と言いながらも今朝からはまたいつものコンパクトデジカメを持ち歩いてます。

そうそう、Canonのixyシリーズユーザーだった私ですが、今回半年も経たないうちに不具合生じ、さっすがの私もCanonから心が離れつつあります。 今は旦那から貰ったRicohのCX1。 なんでもデジイチユーザーがセカンドカメラとして使ってるカメラだとか・・・もしかしたら画像もixyよりは綺麗かもしれない。  

でも人には言われました。 365日雨でも海でも浜でも持ち歩いていて、やっぱりまずい事あるよね、カメラにはって。 確かにハードな環境だよね、我が家のコンパクトデジカメ。                 
【2009/12/05 12:27】 | Y公園 | コメント(9)
台湾旅行で???って思った3つの事
今回???と思った出来事3 正直過ぎるかしらん・・・

1. 「2008年7月17日、中国本土客の台湾観光ツアーが、18日から本格的に「解禁」される。初日は38のツアー団が台湾を訪れる。今回は初めて高雄国際空港の利用が許された。」

2008年7月以前に台湾を訪問した友人・知人、ほぼ100%が「台湾は本当にいいよ。もう一度行きたいと思う。親日家も多いし」って言ってた。
                  団体さん、ご案内!

正直なところ、香港旅行でもチラっと感じた事だったけれど、今回もかなり憤慨した場面あり。

泊まったホテル(三徳)、安いツアーだったにも関わらず、お部屋はめちゃくちゃ清潔だったし従業員さんには連れがかなり世話になった(*'ー'*)

でも、かなりの中○本土の団体が利用してた。
言葉のせいかなぁ・・・自分たちの会話が聞こえなくなっちゃうほどの彼らの声。
朝食でも、列を作って待っていても・・・\(--; ォィォィ という場面が多々ありで、それは子供も大人も同じ(^▽^;)

故宮でもDFSでも同じ。 譲っていたら故宮の展示物は一生見れないかも。

これは決して決して政治的な意見ではありませんが、どういう訳か共通してるの、どこででも。

エレベーターで譲ってくれたアジア人観光客はやっぱり日本人だった。

駅で道を譲ってくれたのは白人だった。

いけないな、って思いながらも自分も中○本土の人たちと一緒になるとかなり積極的に動きました。 でもこれが疲れた、結構。

ガイドさんも言っていたけれど、やっぱり様変わりはしているみたい、台湾旅行事情。

2. 鼎泰豊(テンダイフォン)の小籠包がぬるかった事。
友人には、「東京のとは違うよぉ!!絶品だから!」って言われてた。 のに・・・
ぬるい!! ぬるくっちゃいけない!小龍包は!

                テンダイフォン
          
店前はかなりの行列。 この看板前で写真撮るんだって一苦労だった。
忙しいのは分かるけれど、レンゲに乗せて「アッチッチッ!!」とやけどするほどのものを食べたかった。
これじゃ、森戸海岸の「海狼」の小龍包の方が美味しいよ、と言ってやりたい。
本当に期待してたんだ、私(;へ:)
                     小龍包

3. ガイドさんが屋台のものを食べないようにって強調するんだ。  

            これは迫力あり!
         さすがに鶏の足やとさかはねぇ・・・迫力あり!! 

夜市や九分の屋台、とにかくトライしようと勇んでた。 でもね、そんな事言われちゃうとやっぱり引くよねぇ・・・唯一、「べっこう飴」を二人で1個購入。
                      飴やさん

まぁ、言われたって食べたきゃ食べればいいのだけれど、ちょいとお腹が弱い私なんで、遠慮しちゃいました。
                        
続きを読む
【2009/12/01 11:36】 | 旅行記 | コメント(10)
| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索