FC2ブログ
エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
ねるの鍼治療
10日ほど前にボール遊びでグギッとして以来、イマイチ後脚(特に右脚)の調子が悪い。
どうしても歩き方が上下してしまう。
元々、変形性脊椎症のある子だから弱いところやってしまったかもしれない。






前々から、いざという時のためにワンコの脊椎に良さそうな情報にはアンテナ立ててはいた。その中の選択肢に鍼治療、というものもあった。
犬友が施術している下高井戸の動物専門の鍼灸師にいよいよお世話になろうかと考えていた矢先の事、多飲多尿が気になって行ったねるの掛かりつけの医師から鍼治療の話が出た。
あまりにもグッドタイミング。やっぱり呼び寄せってあるのかな?と思ったほど。
同じ病院の先生が鍼治療の曜日を設けているという。とにかく近いのが何より。何回かやってみない事には結果は出ないだろうけれど飛び付く。









診察の後治療に。
何箇所かに鍼を刺し10分ほどそのままに。
ねるは診察台に乗った何時ものようにずっと緊張している。どうしても病院は苦手のよう。
(痛がったり嫌がったりは全く無し)
次回は1週間後。
何より嬉しかったのはアニコムの保険が鍼治療を認めていた事。
診療代の負担も少なくなればこの継続が必要な鍼治療には最高!





そして本日、愕然とした事。ねるの体重が15.5キロ弱となってました。これはねるの犬生で最高の数値。
もうすぐ12歳にならんとするねるだけれどシニアフードなるものを私は与えていない。量も昔のまま。
それで今までは14.5キロ前後の体重を維持していたのだけれど、この暑い夏、あまり運動しなかった事と流石にもう代謝が悪くなって来たお年頃、という事が体重増加につながった模様。
それが脚により負担を掛けている気がする。
現在朝食ドライフードの量を大幅に減らしダイエット中💦



鍼治療したその夜、本当によく寝てました。

【2018/09/23 13:00】 | 病気、怪我(ねるのカルテ)、健康に関する覚書 | コメント(0)
| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索