FC2ブログ
エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
発熱!! PCR検査
土曜日、ずっと自粛していた築地の寿司屋、寿司大別館へ行ったその日の夜の事。


他色々、店長お任せがお勧め



昼食は完食、ペロリと平らげもう満腹!満腹!
なのに夕方散歩の時にはもうお腹が空いてきた。


うーん、快調!快調!と感じていたのに…


散歩後、喉も渇いたし、といつも通りビールを開けるも全く美味しくない。(昼間もお寿司と共に飲んだけれど)味覚を感じなかったのでは無く、とにかく美味しいと感じない。


そうこうしているうち、どんどんムカムカして来た。
検温するも6度9分。幾らか高め。上がりそうだなぁ…嫌な予感。
この日、早寝。


翌朝、だるさを感ずる。全身の関節が痛い。油の切れたロボットのように自分を感ずる。朝散歩、池の周りでまったり。


昼の検温、7度4分。やばいなぁ、上がってきちゃったよ。娘が来る、と言ったけれどこの日は来るな、と言った。万が一の事を考えて。
ムカムカは治っていた。昨日よりはまし。


夕方散歩はローラママにお願いした。


悩む…この発熱。でもシルバーウィーク。連休中。普段だったらこんな熱で病院になど行かぬ私だけれど今のご時世、事情が違ってくる。
来週は両親の家にも行かねばならない。はっきりさせるべき…かなぁ…???


その夜もお粥食べて早寝。






さぁて、どうしたらいいの?…いったいこの発熱は?? 性格的にグズグズと考えるのが好きでない私だけれど…今回はかなりグズグズしました、私。


この単なる発熱、それも大した熱ではないのに訳の分からない罪悪感を払拭するためには…ねるの散歩でさえ、コソコソしなければならない気持ちに陥る…堪らないよなぁ。


で、ねぇちゃんのライン(知り合いが保険でPCR検査を受けられた)をきっかけにその病院の発熱外来にネット予約した。田町のクリニックFという病院。


シルバーウィークの最終日、保険でPCR検査が受けられると信じ込み田町へ向かう。
この日の体温は平熱に戻っていた…


初めて高輪ゲートウェイ駅を車内から見た。






動く車両の中から…




発熱外来、すべての席がビニールで仕切られている。時間予約だけれど後から後から人が入ってくる。


診察の結果、保険診療は認められなかった私の発熱。
先生の診断次第だとはいうけれど…
『保険ではPCR検査は認められませんね』
『こちらの病院は費用はおいくらですか?』
『4万円プラス税金です』
『えっ…高いですね…』
しばらく沈黙、先生との間にシラーッとした時間が流れた。
『どうしますか?』
一旦は『出直します』
と言ったものの…自費でのPCR検査は他に安い病院があった…
すご~くすごく考えた挙句、
『お願いします』
と言ってしまった私。
でもね、こんな会話の後でも先生、言うの。
『薬、出しますか?』
…意味分からない…




保険が効くPCR検査の出来る病院という事で探しに探しまくった末、その中にあった病院、娘のラインもあって行ったのに…


それだったら最初から、保険は効かないと謳っているけれど、検査費用が安い病院に行けば良かった…


何なのぉ!!


敗北感にまみれ、後悔しきりで帰りの電車に乗る。


そして、1日置いた翌日の昼前にメール連絡が来た。






めでたく陰性ではあったけれど、あー、何だか詳しい4万円。(しつこいけれど)
打ちひしがれてる私にねぇちゃんからの止めの一言。「何で断らなかったのヨォ、かぁたんはお金の使い方、知らないんだから…」
それ言うかぁ!?




自分に言い聞かせる!
『両親の為の出費』だと。


皆様もこのご時世、お気をつけあれ😅



【2020/09/24 16:15】 | 独り言 | コメント(0)
| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索