エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
ローマでのエピソード・・・
BA、油圧機器のトラブルで飛行機を代えるというハプニングがありながらも定時から2時間遅れでローマ、フィウミチーノ空港に着きました。

飛行機を代えるまでの2時間・・・お客様、大人しく待ってます。 こういうのって日常茶飯事なのかしら? だぁれも文句などは言わない。 そのあたり凄いと思っちゃった私。 暢気です、結構。

             RIMG1939blog.jpg

ロンドンからローマまでは2時間半ほどの飛行時間。

タクシー乗り場に向かおうとすると、声を掛けられました。

      「Taxi?

当然、私は
      「Yes!」と答えたのだけど・・・

その途端、私の持ってたコロコロバッグの取っ手を掴みさっさと自分の車に向かう。

旦那がそこで反論したけれど、旦那曰く、荷物が人質になってしまった、って言うことで半ばそのタクシー運転手の言うなりで、タクシーに乗る。

黒い車体のBM。 車内はとても良い香り。 乗り心地はまずまず・・・だけど、ちょい先ほどの強引さが気になる。 運転しながらやたら陽気に電話しまくってるし・・・一応お愛想も言ったりして。

早速、ネットでローマのタクシー事情を調べてみると、NYのケネディ空港からマンハッタンまでの料金が定額(50ドル強だったと思う)、と同じようにフィウミチーノ空港からローマ市内までの料金は40ユーロと決められてるらしい。(1ユーロ、130円)

そして・・・ローマの正規タクシーは白い車体で、紋章が描かれているものとあった(-_-;)

ヤバイよね、黒いよ、このタクシー・・・って事はこれ色は黒だけど白タクだったかも。 何だか、ロンドンのブラックキャブに慣れちゃってたから黒に安心しちゃったかも。

          RIMG2069blog.jpg
                   RIMG2091blog.jpg
              RIMG2263blog.jpg
              これらが正規のタクシー

旦那とローマ市内に向かうタクシーの中でネットの情報を検討。 然程、遠回りしたとも思えないのだけれど、到着して吹っかけられた値段は140ユーロ!!

決められた値段は40ユーロだと聞いている、と言うと、
     「いやいや、それはシャトルバスの値段だ」

とか訳の分からない言い訳が返って来たのだけれど、その後、すぐに90ユーロに言い値が下がる。

なんじゃい? と思いながらも、
     「まっいいか・・・」と支払う。

夜も遅かったし、荷物も重たかったし・・・でもやっぱり吹っかけられ、ぼられた気分が残ったうちら。
でも、あのドライバーもこの日本人は思うようにはならない、といくらかは感じたかしら、と負け惜しみを言ったうちらでした。

いやいや、今回またまたお勉強。

旅に出てタクシーを使用しようとするならばその国のタクシー事情もちゃんと勉強しておかなければね。
下調べが甘かったと反省しきり。

のっけからこんな事があったローマ。

一方で個人旅行の難しさも感じたうちらでした。 ミラノ、ナポリ、ベニスと色々行ってたはずの旦那でも初めて経験する事が沢山あったよう。

そのうちで一番残念だったのは、美術館やバチカンが事前の予約無しではまず入場は無理だと言う事。 ツアーだったらそのあたり全く問題はないのだろうけれど。

イタリアと言ったら、やっぱり ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ等の作品を生で見る、っていうのも楽しみの一つであった訳だけだけれど、それが叶わなかった。 予約以前に、月曜日、ほとんどの美術館が休館だって事すらしらなかったし。
      RIMG2257blog.jpg
               出発の日、タクシー運転手に行けなかったバチカンに回ってもらった。
  
                 
前の晩、サンタンジェル(アン王女がギターで男の頭をぶったところ、覚えてる?)から遠めに見えたバチカン。ちょい感激!
                  IMG_2188blog.jpg
                 
                  
今回、あの憧れの映画『ローマの休日』に出てきたところを一通り回ってはみたものの、どこもかしこも凄い人!
真実の口でも長蛇の列。 外からどうにか写真を撮ろうとしていた係員が気の毒に思ったのか、私のスマホで写真を撮ってくれた。 あー・・・あのお口に手を入れたかったのに。
               IMG_2182blog.jpg

フィレンツェのドゥォーモには本当に度肝を抜いたうちら。 全てが大きい!!
               IMG_2183blog.jpg

あー・・・やっぱり3日じゃ足り無すぎ!

それでも散々歩いたうちらでした。
                  Roma.jpg





次回はロンドン、ローマのボダコ達、そしてボダコグッズの紹介。
頑張って探したけれど、思うようには手に入れられなかった・・・それが残念!!!
                   to be continued・・・


               

    
【2013/05/14 19:50】 | 旅行記 | コメント(2)
<<ロンドン、ローマ、フィレンツェのボダコ達 | ホーム | ロンドンでの大失敗!>>
コメント

いいな!いいな!!すべてが羨ましいぞ~
ロンドンで旦那さまのバッグ忘れは緊張がなかったの逆で
ママに気を使っていたからだと思うよ
フィレンツェだけで1週間ほしいと私も思った
【2013/05/18 21:16】 URL | ジュリレナ パパ&ママ #X/40ea/c[ 編集]
ジュリママへ
いえいえ、気が抜けてたと申しておりました(#^.^#)

ジュリママはしょっちゅうあちらこちらに行っていたでしょ?

まだまだ追いつきませーん!(^^)!
【2013/05/28 16:27】 URL | ねるのかぁたん #sMmyRxmo[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索