エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ロンドン、ローマ、フィレンツェのボダコグッズ
東南アジアであろうとアメリカであろうと何処であろうととにかくペットショップを覗いてみたい私。
そこにボダコグッズがあろうものなら即お買い上げの私・・・

今回は行き先がイギリスという事でかなりリキが入ったけれど、結局、ロンドンではこの3点。
           
ペットショップはハロッズ内のものしか見ることが出来ず、他では見つけられなかった。 NYのPETCOのような面白さは無かった、残念ながら。

旦那お気に入りのハロッズのおもちゃ売り場では定番のぬいぐるみ。
山のように持っているぬいぐるみだけれど、別バージョンだとやっぱり購入しなければならないような気がしてくる。
でも、ハロッズは高いね、やっぱり。
                RIMG1806blog.jpg
                持っているものとの違いはリードがついているっていうところ。
                旦那には全然似て無いじゃん!と言われた(^_^;)

旦那の骨董品探しのお付き合いでノッティングヒルへ。 いいね、雰囲気あって。
( 『She』エルビス・コステロ、思わず口ずさんじゃうような町・・・単純!)

そこの店先の傘たてに立っていたのがこの杖。
            RIMG1894blog.jpg
            誰かが使っていたに違いない。 杖の先はかなり傷ついてた。
            お顔もちょい強面。

でも、こんなものを見つけるとは思わなかったのでちょい幸せな気分に。
ただ、道を歩くのがちょい大変だった。(想像してみて)
日本にどうやって持って帰るか随分迷ったのだけど、ホテルに入っている大工さんに頼んでトランクに入るサイズにカットして貰った。斜めに入れると丁度傷部分をカットするような形になったんだ。

いずれ私がおばあちゃまになって杖を使うような事になったら使うつもり(#^.^#)

古道具屋(アンティークショップっていうより)で見つけた杖は私的にはかなりのヒットではあったけれど、まだまだ物足りない。 イギリスに来たんだもの、もっと他にありそうなのに。

そんな思いを持ちながら、旦那の仕事日、一人でサウスケンジントン駅周辺をウロウロ。
カード屋というか雑貨屋が何となく怪しい・・・っていうか何か見つかりそうな予感がして入店。

カードを物色するけれど、思うようなものは無い。

「何か無いかな、何か無いかな?」
と店の奥に進む。 そこのファイルブックにある絵に目についた。
そのファイルブックのページをパラパラとめくってみると次のページにこの絵があった。
           RIMG1411blog.jpg

感激!! 私を呼んで居たに違いない!!

オリジナルでは無い印刷されたものだけれど、綺麗な絵。 額装すれば生えそう。
この巡り合いにはかなり感激した私。

ロンドン、購入ボダコグッズの締めがこの絵。 ハッピーでした!(^^)!



ローマでの購入はテルミニ駅構内にあったショップにあったぬいぐるみ。
またまたぬいぐるみ・・・
ボダコ特有のハーディングポーズを漫画チックな顔しているくせにいっちょ前にしているのが妙に可愛くてね。
               RIMG1409blog.jpg
               
東京駅の構内のお店にボダコのぬいぐるみが売っていた、と考えてみて。 普通そんなのってあり得ないでしょ。
そんな感じでローマのターミナル駅構内のショップにボダコのぬいぐるみが置いてあったのだから。
そんな風に考えるととっても不思議な気がした。
これがトイプーやダックス、ジャックラッセルテリアだったら分かるような気がするんだけれど。

残念ながら、イタリアで購入したグッズは上記のぬいぐるみのみ。

実は・・・10ユーロをけちって購入しなかったオリジナルの絵がある。
ローマ、ポルタポルテーゼの有名な泥棒市
               RIMG2076blog.jpg

今でも自分の頭を叩いてしまう。 
馬鹿馬鹿馬鹿! 何故買わなかったのか・・・」 時として優柔不断な私 (/_;)
何度も言うけれど、心底これは後悔している。

またスペイン広場の土産屋にあった妙に気になるボダコのぬいぐるみ(またまた人形)。
           RIMG2034blog.jpg

真ん中あたりにいる子。 口周りが妙にリアルで気に入ったのだけれどこれがなんと250ユーロ。 店のおばさん、これは年代ものなんで安くはならない(とか何とか言ってた)とがんとして負けてはくれなかった。
250ユーロな無いよね、ってことで店を出たものの、気になって写真だけは撮ってきた。
(これに関しては後悔は全く無いけれど)

どうって事の無い、何屋だか分からない店先のディスプレイでもこんなもん見つけた。 売れるのかしらん?って中にもボダコがいた!(さすがにこれは購入しなかった(#^.^#))
                RIMG1993blog.jpg

自分でもちょい呆れるくらいに探すのはそんなものばかり。

そんな私を見て、買い物好きの旦那は私にこんな事を言っていた。
「せっかくイタリアくんだりまで来て、ショッピングをしないなんて」って。
(要するに洋服とかバッグ、靴等の大物購入って事らしい。)
そりゃぁ、そうでしょ! 旦那は趣味のアンティーク銀食器なんかドーンと購入しちゃってるから。

私にとってはこんなものを発見して購入するのが楽しくってしょうがないのだけどね。
そんな私の買い物はゴミみたいなものなのかも(^^ゞ

旅先での買い物は本当に楽しい。
購入してきたもの一つ一つに思い出があるから。

購入してきた4つのボダコグッズ全てが私のお買い上げを待っていてくれたはず・・・だよね(*^^)v

           RIMG2270blog.jpg
          かぁたん、アタチのおみやはたったのこれだけですか?
          それも、一つはウェイとローズの『んち袋』だなんて・・・





            


           
【2013/05/23 15:01】 | 旅行記 | コメント(2)
<<Y公園ボダコニューフェイス | ホーム | ロンドン、ローマ、フィレンツェのボダコ達>>
コメント

欧州ボダコ歴訪の旅(笑) 楽しませていただいています♪
250ユーロのぬいぐるみ、何とかいう有名なブランドのぬいぐるみなような・・・。
テディベアでいうシュタイフみたいな高級ブランドだったように思います。
日本で買うと30000円くらいかな・・・?
手が出ません・・・泣

私が旅行をした頃は、まだボーダーは飼っていなかったので、
今ならねるママさんみたいにボーダー探しが出来たのにと、とても残念な気がします。
【2013/05/27 09:12】 URL | はみぃ #fETD.D2Y[ 編集]
はみぃさんへ
でもね、何処へ行っても「ボダコ、ボダコ、ボダコやーい!」みたいな感じでちょい異常かも(*^^)v

スペイン広場でボダコを追っかけて行ったときには自分でも呆れました。

中東ではボダコなんて見なかった?
【2013/05/28 16:24】 URL | ねるのかぁたん #sMmyRxmo[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。