エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
法要を終えて
11月1日四十九日の法要を終えました。


菩提寺がある訳でもなく、お墓も持たない我が家。 お通夜、告別式に葬儀社からお願いしたお坊さんに自宅に来て頂いてその後、会食。

息子、娘、私の父、母、妹、そして彼のお兄さんと義姉さん。

偶然、彼の家も私の実家も禅宗の曹洞宗。

でも普段何をしてる訳でも無いのにこういう時だけお願いするのに少し違和感を感ずる。


と言いながらもちゃんと周忌はしたいと思ってる。だってエルダだって命日には気持ちを込めてるし。犬のエルダと彼を一緒にしてはいけないけれど彼だってそういう自然に湧きあがってくる気持ちを分かってくれると思う。せねばならないのでない、したい、という気持ち。正直それはお寺さんと関係無くてもいいのかもとも思う。

お坊さんが言ってた。今時、四十九日や一周忌なんてしない檀家さんも居るらしい。もしかしたらそういう人たちもお寺と離れたところで独自の気持ちを込めた事をしているのかもしれないけれど。何とも言えず黙ってお坊さんの話を聞いていた。


位牌もあの黒塗りのお墓のような形のがどうしても受け入れられなくて違ったものを用意、彼じゃ無くなっちゃうような気がして戒名も付けず、昔ながらの仏壇も無し。

彼の大事にしてたものと一緒に彼のスペース作りを!と、頑張っているけれど、絶対にダメ出しを彼は何処からか出してるに違いない。


役所や銀行、カード会社、光熱費他の名義変更。全ての手続きで彼の存在を消して行っている私。本当はそのままにしておきたいのに私が彼の生きていた証を消していってる。それがとても辛い。とても残酷だと思う。


2013年に3ヶ月から半年と予後宣告された後おまけの2年間。驚異的な回復に奇跡を信じた時期もあった。彼は予後宣告は知らない。

ずっとずっと見ていたから彼の頑張り、辛さ、無念な気持ち、痛いほど感じてた。だからってもう逝っていいよ、なんて思わなかった。

だってあなたの好きなスペインに連れて行ってくれるって言ってたじゃない!約束反故にするなんて許せないよ!

今でも彼はいつものように出張に出ているような気がする。何時になったら現実を受け止めることが出来るのか。彼の遺骨が側にあるにも関わらずその現実を受け入れずにいる。

多分どんな夫婦にもお別れの時が来るのだろう。いつかは迎えるその時、私は思ったより早く迎えた。何故私達?悔しくてたまらない。

いい年して何時までもそんな事を言っていてはいけないのだろうね。彼の死を納得するまでに今しばらく時間が掛かりそう。

そんな私を見守って下さったら嬉しい。もっと格好良く送り出す言葉を見つけたいのだけれど今の私にはまだ無理みたい。
【2015/11/06 20:16】 | 独り言 | コメント(2)
<<9歳になりました | ホーム | 2015 秋の酵素作り >>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/11/13 15:16】 | #[ 編集]
304様
有難うございます。
これからの事が不安ですが何とかしなきゃ、ね。
【2015/11/14 13:36】 URL | エルダママ #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索