エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
肛門腺とSDMA
 

                     (今朝の公園。秋の気配)

10歳9ヶ月にして初体験、肛門腺絞り。

この何日かお尻をズリズリするようになった。あの格好は本当に百年の恋も冷めちゃいそうな滑稽なポーズ。

1.

また葉っぱがンチの時に引っかかって出にくくなってる。

2.

夕方のお友達で肛門周辺に出来物が出来た子がいるのでそれが気になる。

3.

肛門腺が自力ではもう出せなくなった。

頭にはこの3つがあったけれど、結局は3。

出ました!出ました!ドロドロの凄まじい異臭放つものが。

エルダもそうだったけれど加齢とともにその液体もサラサラからドロドロになるようで自分では出しにくくなるらしい。

エルダは5歳頃からそう言えば絞っていたっけ。



                       (夏の終わりの盆踊り大会にて)

診察室、待合室に強烈な匂いを残したねるなのでした!

そうそう、2週間前に初めて会った2歳のボダコ女子と一線構えた時に出来たらしいカサブタもついでに確認して貰いました。

今となっては咬み傷なのかどうかさえも分からなかった。気付いたのか数日前だったしね。










SDMA検査



診療室に貼ってあったもの。
ボダコ仲間、鎌倉のはるママが教えてくれたのでねるも今年のフィラリアの時の血液採取ではSDMA検査を追加して貰いました。今では標準検査になっているよう。

尿素窒素(BUN)はいつも高めだしちっこトラブルも結構あるねるだから、腎臓はウィークポイントに、いずれなりうる気がする。



結果、SDMAは基準値内。

取り敢えずは現状維持で様子見。

まだ食事制限は無し。

どうぞ少しでも長くこのままでありますように。
本日のねるの体重  14.2キロ
【2017/09/03 14:18】 | 病気、怪我(ねるのカルテ)、健康に関する覚書 | コメント(0)
<<ドッグランでのねる | ホーム | 犬用おからクッキー >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索