FC2ブログ
エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
秋谷エルダハウスのバラ達
蕾を食い荒らすバラゾウムシ?に今年も沢山やられはしたもののそれでもめげずに花を咲かせてくれているのが嬉しい。
A
今年1番の開花は《デンティベス》。
名前にも色々由来があります。
1925年イギリス作。作出者の恋人の名前ですって。《優雅なベス》という意味。なんて素敵!!



D
《スパニッシュ・ビューティ》が開花し始めたまでは分かるのだけれど、その後は不在でどの子がどのように咲き始めたかは残念ながら不明。



エルダハウスに車で向かう緩やかなカーブを抜けた時に見える我が家のバラ達。その瞬間がいつもたまらなく好きです。
J
《ミラベル》、黄色が鮮やかに目に入ります。道行く人、特に男性がこのバラに目を留めてくれます。



 B
まさこ妃の名前を冠しているというこのバラ《マサコ》。去年は元気が無く殆ど咲かなかったけれど今年は樹形が小さくはなったもののロゼット状の美しい花を咲かせてくれています。



C
《ファビュラス!》この!マークも名前の一部。
その昔、ミッシェル・ファイファー出演のセクシーな、ファビュラスベイカーボーイズなんて映画がありました。大人に素敵な映画。
この子も去年は瀕死の状態だったので復活してくれたのがとても嬉しい。



G
《マサコ》にも似てますが、オールドローズの《シャリフアスマ》。大好きなバラの一つ。素敵な香りで癒してくれます。



E
《マルティーヌギヨ》なかなか手に入らない(らしい)ギヨーローズの一つ。
実物はもっと素敵なのだけど…スパニッシュビューティー同様大きな木になっています。














L
《コンプリカータ》、原種に近いバラです。私にとっては曰く付きの子。まっ、色々あらぁな的な😆
ローズヒップも楽しめます。



I M
代々木にもある《ピエールドゥロンサール》。秋谷エルダハウスには2株あります。その頃どれだけ好きだったのだろう…😀
左が開花して時が経ったもの、右が咲き始め。違いがよくわかります。














J
遅咲きつるバラ《ニュードーン》
これから沢山の花を楽しませてくれるでしょう。



まだこの他にも、《ブルドゥネージュ》F《ポールボキューズ》Gと、未開花のものもあり。
一昨年あたりにダメになってしまった《ブルドゥネージュ》でしたが根元から新しいシュートが伸び始め復活の兆しあり。
今年は無理かもしれませんが来年に期待。
また《ポールボキューズ》、本来は今の時期移植してはいけないのだけれどあまりにも可哀想なところにあったので本日、表舞台に移動しました。蕾は一輪つけているのですがこの子のためには剪定すべき…なのですがカット出来ずにいる私💦



明日、また帰京。後ろ髪引かれます。
でもまた今週末、必ず会いに来るからね。

バラとクレマチスはとても合う。
エルダハウスのバラとクレマチスの共演!


















レモンの花も咲き始めています。
今年もまた沢山のレモンが実ってくれるかな。
【2018/05/06 21:19】 | ガーデニング、草花 | コメント(0)
<<カロリナポプラとイタリアポプラの違い | ホーム | バラと酒と温泉の日々…なぁんて😆 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索