FC2ブログ
エルダとねる
エルダが'06の8月急逝してからもう腑抜け状態の私たちだった。そんなエルダッ家の元にねるがやってきた・・・
高雄、台南、台中への旅 with ママ友④
彩虹春村
新幹線、3日間周遊のフリーチケットを手にしたうちら3日目は台中へ。

この写真は初日、台北から高雄に向かった時のもの。高雄から台中まではビールを飲む余裕はうちらには無し。 朝も早かったしね^_−☆
今回のママ友との旅、それぞれ担当制にした。
私は高雄、台南。 ママ友Mは台中、台北(十分含む)。

彼女が計画したこの村、
再開発のため取り壊される予定だったが、居住していた香港出身中華民国国軍退役軍人黄永阜による壁画アートが注目を集めたため保存が決まった。Wikipedia
齢80を過ぎてから一人で絵を描いていったそうな。
現在も進行中で今年、96歳になるのかしらん。

写真のおじいちゃまとのツーショット💦
多分、このおじいちゃまは動物好き。 もち、犬もね、、

(犬フリーにしてるから気を付けなよ!)なぁんて感じの看板かなぁ、と勝手に思ってる私。
全てがポップでカラフルで歳を感じさせない絵。 おじいちゃまのエネルギーを感ずる。



行きは台中駅から全く違うバスに乗ってしまいちょいドキドキもんだったうちら、バスの運転手が(多分)比較的近い場所に停めてくれたのだろう(と思う)。 そこからタクシー拾って無事行けた彩虹春村でした。
続きを読む
【2018/10/10 20:15】 | 旅行記 | コメント(0)
ジュリパパを偲ぶ会@秋ヶ瀬
ジュリパパが急逝して3ヶ月弱。
私の誕生日、イベント盛り沢山の夜に逝ってしまった。
今でもまだ電話が掛かってきそう。今の時期だったら生筋子の話とか秋刀魚、牡蠣の話。
いいの入ったから…筋子、北海道産は今年も高いよ…牡蠣はやっぱり厚岸産じゃなきゃ。

そんなジュリパパを慕うボーダーコリーの集いを秋ヶ瀬、ハイパーフライト大会にかけて昨日開く。
ディスクやる人もやらない人も集まった。
(遠くは山形、神奈川から)

丁度同じ月末に亡くなった所縁ある14歳のアニカの絵と共に会場に飾った。
ディスクしながら

                              (ジュリ家の三女CoCo)

ママもCoCoと40ポイント以上の高得点、人生初めて出したよ!

             (ジュリ家の次女レナ、長い闘病生活頑張ってる)
美味しいもん食べながら

                ネロパパ、salade niceのフルーツ盛り合わせ!

       陽太ママ製シーフードカレー

       CJママ、玉こんにゃく!

     ローラママいわく、野戦病院の如く!だそうな
でもってジュリパパお気に入り?の私のけんちんうどん写真がな~い(;_;)
仔犬と戯れながら

(チョコパピーの名前忘れちゃった、とオハナ)

チャッピー家二代目オハナ、肉球プニュプニュ!どうしましょ!
    (ウノとオハナ)

みんなみんな3ヶ月。大中小ら勢揃い!



(前・レナ、あれん、後・CoCo、陽太、ねる、ローラ)
ワラワラワラワラ、ボーダーコリーまみれの一日をお空のジュリパパと過ごしました!
(CoCo、ねる、ローラ、アレン、奥で寝転がってるのはレナ)

       はるちゃんとの微妙な距離を保つねる
      (ローラ、ねる、アレン、はる)

なつがどこにも写ってないのでこちらに。
見てたよね!ジュリパパ!!!           
               
【2018/10/09 13:56】 | Y公園ボーダーコリー | コメント(0)
高雄、台南、台中への旅 with ママ友 ③
台南、安平樹屋
カンボジア、シェリムアップのタブロームと重なり、台南の安平樹屋が見たかった。

写真でこの迫力を伝えるのはなかなか難しいね。


後から調べてわかった事、以前はイギリス貿易商、塩の倉庫として使われていた建物だそうで、廃墟となってから、徐々にガジュマルの木に浸食され覆われたという。煉瓦と木の絡み合いが素敵。
中庭に光を利用した蝶々のオブジェが無数ぶら下がっていた。
個人的にはこのオブジェは不要で自然のままでいて欲しかった…かなぁ。


タブロームが楽しみになってきた。
このサイトが面白い。

https://aoitrip.jp/anping-tree-house


自分に馴染みだった英商社の名前も出てきたりして。
旅先ではなかなかじっくりは見れないもんなぁ。
続きを読む
【2018/10/07 12:51】 | 旅行記 | コメント(0)
高雄、台南、台中への旅 with ママ友 ②
十分でのランタン上げ











九份は結構有名、一度目の台北訪問で訪れた。それなりに素敵なところだったけれどオプショナルツアーで慌ただしかった。
今回の十分行きは思うところある私のたっての希望。
































今回は飛行機、ホテル、そして新幹線の3日間有効チケット込のツアーが安かったので利用したけれど他は全くのフリー。


















2泊高雄、最後の日は台北泊。









































































台北ホテルにチェックイン前、十分に向かった。台北から台湾鉄道利用。1回乗り換えで次、1時間に1本しかない電車で十分へ。台北から約2時間弱。








ランタン屋の終了の時間を気にしながらだったけれど開いてるお店を見つけて飛び込む。








ランタン、それぞれの色に意味があるのだけれど帰り時間も気になり、色とは関係なくボサボサの筆で思いを書く。
どうしても書きたかった事


夜空に上がって行きました。


年甲斐もなくなぁんと無くロマンチックになった十分の夜。

帰りはラッキーな事に韓国人の女の子二人組とタクシー、乗り合いで台北駅へ、交渉して300元(約1200円)で帰る事が出来た。

初めて気づいたのですが、あの有名な九份のフンは を使用し、十分はをするらしい。


続きを読む
【2018/10/06 14:20】 | 旅行記 | コメント(0)
高雄、台南、台中の旅 with ママ友  ①
台風一過の10月1日(月曜日)、10時のフライト目指し4時過ぎに起きる。
事前チェックインもしたし、万が一の為にと成田への行き方も色々調べた…つもりだった。
とにかく、起きてビックリ!!
バルコニーの彼方此方に荷作り用の紐が巻きつかれている。まだ目の冷めやらぬ私、何処からか紐が飛んで来たのか、と思いきや!イヤイヤどうも色んなものを固定しているらしい事に気付く。
バラのアーチやらオベリスク、エアコンの室外機にバラの鉢。突っ張り棒のオーニングは倒れた痕跡あり!
えーっ!
あの雨風の中、ねぇちゃんが頑張って色々応急処置をしてくれたらしい、、おー!!何だかんだとお年の割には手の掛かるねぇちゃんだけれどやる時にはやってくれるんだぁ!
ギリギリまで、眠れず悶々としていた私、寝入った時にそんな事態になった様で全く気付かなかった。普段ならねるがちょっと動くだけでも直ぐに目覚めるのに…
と感激しながらも、完全に元に戻すには時間が無さすぎる。
とにかく酷い有様だったバルコニー。
まだ薄暗く自動水やりのチューブも見つからないまま…あー、ちょい後ろ髪引かれる。

ママ友Mとの待ち合わせ時間は6時、新宿南口で。成田エクスプレスの予約はあらかじめ取ってある。
5時とかなり早めに家を出る。何時もだったら新宿まではタクシーで行くのだけれど今回初めて小田急線に乗ろうと決めていた。節約しなきゃ、と思ったし。
遅延はあったものの小田急線は動いていた。
ところがMの京王線が全線ストップ。JRも!!って事は成田エクスプレスがNG。ダメだったら日暮里から京成スカイライナー、なんて思っていたけれど山手線は動いていない。
南口にはTV各社クルーが困ったさん探しをしてウロついてる。

スマホ検索でこんなのが出てきた。
友人からは焦る電話がしょっちゅう掛かってくる。タクシーを明大前からなかなか拾えないらしい。
それでもどうにか若い男の子と相乗りしてタクシーに乗り込む。
その間、私はJRの窓口にて駅員に状況を聞いたりのリサーチ!
私達の予約していた6時半過ぎの成田エクスプレスはホームに入って来てはいるものの動くかどうかははっきりしないよう…
電光掲示板には8時過ぎの成田エクスプレスから運行と出ている。
10時のフライト、いくら事前予約とはいえキツイかも…
タクシーの中でMと相乗りしていた若いお兄さんがリムジンバスが動いている事を調べてくれた。目の前のバスタからバスが出ているんですって!!

皆々、スマホ片手にバスタに向かう。
Mはまだ到着していないけれどチケット売り場に向かう。最初の2台はもう満席だけれど辛うじて3台目6時40分発をゲット。まっ、これに乗れば楽勝で成田に着くと一安心。
ドッと汗が流れ出る。
Mも後から到着。
結局のところ、事前に予約していたけれどここまで辿り着け無かった乗客がいたようで一つ前のバスに乗ることが出来、むしろ予定より早くに成田へ到着する事が出来た!!
で…モバイルwifiカウンターへ行くと長蛇の列。ビックリ!こんなの初めて!
やっぱりこれも台風の影響かしらん。

定刻通り離陸。
富士山の火口も見れたし…
バタバタもんの出発だったけれど何とか台湾に行けそう。
あー、ありがとう!神さま。
                            To be cont'd
続きを読む
【2018/10/05 20:00】 | 旅行記 | コメント(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
クリック募金

東日本地震犬猫レスキュー

東北地震犬猫レスキュー.com

嘆願メール一覧サイト

被災した動物・ペット情報

プロフィール

エルダママ

Author:エルダママ
東京・渋谷在住。人生半ば過ぎたおばさんですら。
白黒ボーの居ない生活が半年。想像出来る?
そんな我が家にねるというチビボーがやって来る事になった。

いくつになったの

ご協力お願いしますm(_ _)m

suif laboratory

食べる事と飲む事が好きなあなたへ・・・

いとこのブログです

    

最近の記事

最近のコメント

いらっしゃいま~せ!!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索